トップページ > 治療メニュー > 発毛・育毛 > 毛髪再生医療

発毛・育毛 ・・・安全で確実な医療発毛・育毛!

毛髪再生医療

2GFヘアケアコンプレックスプラス毛髪再生療法

GFヘアケアコンプレックス毛髪再生療法

薄毛の原因である「成長因子の不足」に着目し、5つの発毛に有効な成長因子を頭皮に補い、毛髪の成長を促す世界最先端の再生医療技術を応用した毛髪再生の治療です。
女性の薄毛やAGA(男性型脱毛症)も、成長因子の不足により毛髪成長シグナルが止まってしまっていることが大きな原因です。GFヘアケアコンプレックスプラス毛髪再生療法では、この「5つの成長因子」を頭皮に補い、毛髪成長シグナルを正常に戻すことで、性別を問わず、様々な薄毛に対して優れた発毛効果を発揮します。
従来の毛髪再生療法よりも、多種・多量の成長因子が配合された薬剤を頭皮に浸透(注入)させていきます。この薬剤は、再生医療の第一人者が開発に携わった米国BENEV社製のもので、医療機関でのみ使用が許可されています。

当院院長治療経過
当院院長治療経過 当院院長治療経過 当院院長治療経過
平成28年4月 平成28年6月 平成28年8月
当院院長治療経過 当院院長治療経過  
平成28年10月 平成28年12月  

※プロぺシアとミノキシジルの内服とKIPの外用を併用

発毛に必要な5つの成長因子
  • KGF
    毛包の形成と発毛環境を整える・・・KGFが以前の70倍になり、より高い効果を発揮します。
  • HGF-1
    休止期の毛包を成長期へ誘導する
  • IGF
    毛母細胞の分裂を促し発毛促進
  • bFGF
    血流を改善し発毛促進
  • VEGF
    血流を改善し発毛促進
エレクトロポレーション・・・針を使用しないので無痛です。

エレクトロポレーション法(電気穿通法)は針を使わず皮膚の上から特殊な電流を用いて薬剤を皮下に導入する方法で、毛髪再生に必要な有効成分を毛根まで届けます。針を使用しないので痛みがなく、均一な力で薬剤を肌の深部まで導入することが可能です。
※内服薬と外用薬の併用がより効果的です。

無痛治療

無痛の新治療「エレクトロポレーション」とは?
治療方法にはいくつかあり、痛みのほぼないものもあれば、注射を使い多少痛みがあっても効果の出やすいものもあります。痛みの感じ方には個人差があり、痛みが我慢できないと言う方もいらっしゃいます。 そこで当院では、ほとんど痛みがなく、治療効果が期待できる「エレクトロポレーション(電気穿孔法)」という治療法を導入しました。
エレクトロポレーションとは、頭皮の細胞膜に電気信号で目には見えないくらい小さな穴を開け、有効成分を直接導入する方法です。
皮膚の表層には角質というバリア機能があり、HARG療法で注入する薬剤等の浸透も防いでいるため、これまでは注射などでダイレクトに注入していましたが、頭皮は硬く、注射の場合に痛みを感じることがありました。
エレクトロポレーションは、この角質層の細胞または細胞膜に特殊なパルス電流を通すことで、細胞膜に微小な穴を空けることができ、それにより角質層に隙間ができ薬剤を通すルートがつくられます。 こうすることで痛みなく有効成分を頭皮の奥深くまで導入できます。

料金

内容 費用(税抜)
1クール12回(1〜2週間毎) 720,000円(税抜)→490,000円(税抜)
1/2クール6回 400,000円(税抜)→280,000円(税抜)
1回毎 80,000円(税抜)→55,000円(税抜)

3HARG療法

1. HARG療法の概要
HARG療法とは?
Hair Re-generative Theraphy

Hair(毛髪) Re-generative(再生)という言葉の頭文字をとった「HARG療法」は日本医療毛髪再生研究会が認定した医療機関でのみ実施可能な毛髪再生治療です。

これは世界各国における共同研究のもと開発された、毛髪再生に有効な成分をダイレクトに頭皮に与えていく治療法で、医療機関でのみ施術が認められている発毛・育毛治療(医療行為)です。国内での導入にあたっては、「日本医療毛髪再生研究会」が発足され、当院を含め、現在この研究会に参画している限られた医療機関でのみ行うことのできる治療法です。

HARGエンブレム
HARG医療品
効果がある脱毛のタイプ
  • 男性型脱毛症(AGA)
  • 女性型脱毛症(散在性、びまん性脱毛症)
  • 若ハゲ
  • 円形脱毛症
  • プロペシアが効かない方
  • その他(ストレス、生活習慣等による抜け毛、脱毛など)
2. HARG療法の特徴

男女の様々な抜け毛、薄毛、ハゲの悩みにお答えするのがHARG療法です。

毛髪の再生医療

最先端の再生医療「HARG療法」を語る上でかかせないのが「幹細胞」と「成長因子」です。

HARG療法の実力・・・「発毛」して「抜けない」をかなえます。

HARG療法は治療後すぐに結果が出るわけではないため、植毛やカツラ、人工毛の増毛などに比べると、即効性がないように思われがちです。
しかし、生えるかどうかわからない育毛剤や、育毛サービスを半信半疑のまま何年も続けていくことを考えれば、HARG療法の発毛効果が見られるまでは決して長くはありません。

治療は6回が1クール。3〜4週間毎の治療ですので、ほとんどの方は半年までの間に発毛がはじまり、半年から1年程度で増毛・育毛の成果が出ています。
※治療回数は目安で、治療効果には個人差があります。また、ある程度効果が出てきた後は3〜4ヶ月に1回程度のメンテナンスをお勧めします。

安全性の高い薄毛治療

HARG療法で使用される薬剤は、脂肪幹細胞を培養し、そこから抽出されたたんぱく質を濾過し、更にガンマ線によって殺菌を行なった非常に安全性の高いもので、アレルギー起因物質も含まれないことが確認されています。
※日本国内では2007年から臨床治療が開始されました。国内においては、安全性と効果を十分に保つため、日本医療毛髪再生研究会の講義を受講し、認定証を発行された医院のみが施術を行なう事ができることになっております。

3. 発毛の仕組み
「ハゲ・薄毛」と「毛周期」・・・薄毛になるメカニズム

男性と女性ではホルモンの関係で毛髪の寿命にも違いがあり、男性で2〜5年、女性で4〜6年と言われ、その寿命の中で毛周期が繰り返されています。
髪の毛周期には、成長期(髪が成長をしている時期:2〜6年)、退行期(髪の成長が止まる時期:2〜3週間)、休止期(髪が抜け落ちる時期:2〜3ヶ月)という周期があります。
通常はこの周期が繰り返される事で頭髪の量が一定に保たれますが、さまざまな原因で成長期が短くなり、逆に休止期が長くなることで、髪が成長しない部分が多くなり、ハゲや薄毛といった症状が表れるようになります。

毛周期サイクルを正常化するのがHARG療法です。

毛髪の成長には、毛根の血流の増加および毛母細胞への栄養供給が関与していると考えられています。
そのため従来は血管拡張薬、ビタミンB、コエンザイムQ10などを含む薬剤を用いた育毛治療が行われてきました。 しかしこれだけでは脱毛症の進行予防、既存の毛質の改善などのいわゆる育毛効果が見られたとしても、発毛・増毛には効果が不十分でした。

HARG療法の発毛のメカニズム

休止期の部分では、細胞が死滅しているわけでは無いため、髪を生やす機能が失われているわけではありません。HARG療法では、こうした休止期になっている部分に成長因子を注入することにより、毛母細胞を刺激活性化します。
その結果、コシやツヤのある元気な頭髪の再発毛が行なわれ、根元からしっかりと太い髪が増えることによって全体のボリュームアップが行なわれます。
また、定期的な注入により細胞を刺激し続ける事で毛髪の成長サイクルを正常に戻し、長期的に健康な頭髪を保つ事が可能となります。

HARGカクテルの有効成分

HARG療法で注入を行なう成分は、ビタミンHやB、アミノ酸などの髪の成長に必要な成分と、細胞を刺激し、細胞分裂を促進するという役割を持つ『成長因子』です。
その成長因子の中でもHARG療法において特に重要な役割を持つのが『KGF』とよばれるもので、 毛髪を構成するタンパク質の一種である、ケラチンを作り出す毛母細胞を直接刺激する働きを持つものです。幹細胞に含まれる多くの成長因子の中でもKGFが多く含まれているため、増毛効果が見込めます。

HARGカクテルの有効成分
  • KGF(角化細胞成長因子)
    ケラチン(毛髪を構成するタ ンパク質)を作り出す毛母細胞(ケラチノサイト)の増加を促進させる 働きがあり、発毛に必要不可欠な成長因子です。
  • PDGF(血小板由来成長因子)
    毛の成長期を保 持するために必要不可欠な成長因子です。
  • VEGF(血管内皮細胞成長因子)
    頭皮の血管新生に必要不可欠な成長因子です。
4. HARG療法の効果

HARG療法には大きく分けて2つの効果があります。

発 毛

ひとつがHARG療法の最大の特徴である、幹細胞抽出AAPEによる細胞の活性効果です。
AAPEに豊富に含まれる各種の成長因子が活性を失った毛母細胞に刺激を与え、発毛を促すのです。 つまり成長因子は発毛のスイッチの役割を果たしているのです。
AAPEに含まれる成長因子による効果と、AAPEが注入部位の毛包幹細胞を刺激することで生まれる効果。この二段階の効果により、長く発毛効果が持続します。

育 毛

HARG療法の二つ目の効果、それが生えた毛を丈夫な太い毛に育てる育毛効果です。
成長期の毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことにより、毛髪は大きく成長します。そのためには、毛母細胞に栄養が十分に供給されなくてはなりません。
HARG療法で注入されるHARGカクテルは、多数の育毛成分を含み、栄養面から育毛をサポートします。

脱毛抑制

AGA等で脱毛が進行しているケースでは、HARGによる毛髪量のプラスと脱毛によるマイナスが相殺し、差し引きプラスであってもなかなか増えているように感じられない方もいらっしゃいます。
そういうケースでは、発毛した毛が、「抜けない」ための対策が必要となります。当院のHARG治療では、内服薬と外用剤を併用することで「脱毛を抑制」し、「発毛」と「育毛」の効果をより高めています。
つまり「発毛」「育毛」を促しつつ、「抜け毛」によるマイナスを抑え、最大限の治療効果を引き出すわけです。

プロペシアが効かない方にも

最近プロペシアに対して治療抵抗性を示す遺伝子の存在が報告されています。この遺伝子をお持ちの方はプロペシアを飲み続けても、残念ながら効果は期待できません。HARG療法なら、そのような方にも効果が期待できます。

臨床効果

男性型脱毛症にHARGカクテルを投与した結果、短髪の男性の場合開始数ヶ月ほどで休止期毛包からの発毛による増毛効果が見られ、毛量増加、毛髪境界の拡大が確認されました。
これに対し、女性型脱毛症にHARGカクテルを投与した結果、休止期毛包から発毛による増加効果は毛髪伸長速度から考えるとかなり遅くなりますが、成長期段階の毛髪成長がより早い段階で効果を現しました。統計学的分析により、治療効果には男女の差がなく、女性患者においても十分な効果を得られることが分かっています。

HARG皮下浸透組織図
5. 治療方法
定期的な通院がポイントです

3〜4週間毎に1クール6回が目安です。
当初3〜4週間毎の治療で効果が現れてからは4〜8週間に1度にすることもできます。
HARG療法は、他の再生医療と同様、一定期間継続して受けて頂くことにより効果が徐々に現れてきます。

注射による治療

より安全に、より確実に、新しいメソガンによる導入
注射器を用いた治療においては、適切な深さに薬剤を一定に注入することが重要ですが、熟練した医師でもずれが生じる、医師にとってとても神経を使う課題でした。
そこで当院では、HARG療法の効果をより確実なものとするために、注射針の届く深さと薬剤の量を微調整することのできる電動注射器(メソガン)を導入しました。次のような点で従来の注射器から改良が施されています。

  • 注射針のレンジを調整 → 正確な深さに注入
  • 注入量の調整 → 一定量を正確に注入
  • 31ゲージの細い針 → 痛みの軽減
  • 電動で作動 → 固い頭皮も安全
6. 女性に勧めたいHARG療法

AGAなどの薄毛治療に使われるプロペシアは女性には使用できません。
HARG療法なら、老若男女を問わず治療を受けることができ、副作用もありません。

男性ホルモンの影響を受けにくい女性は、増毛効果を得やすい。
女性は男性に比べ、HARG療法による効果が現れやすいという結果が出ています。
男性は男性ホルモンの影響により薄毛になることが多いので、せっかく生えた毛もその影響を受け続けて抜けてしまうことがあります。
一方女性の薄毛の原因は男性と違い、ストレスや老化、生活習慣によるものがほとんどです。そのため、男性ホルモンによる影響を受けにくく、発毛した毛がすくすくと成長し早い段階で毛が生え揃うのです。

円形脱毛にも効果が出やすい

女性の大敵である円形脱毛にはたった一回の治療で発毛が認められた例もあります。
HARG療法は女性、その中でも特に円形脱毛に著しい発毛効果があるということがわかりました。女性の場合、ストレス等からくる円形脱毛に悩まされている方が多いのですが、脱毛症の悩み自体がストレスとなり、治療の妨げとなるケースも多々ありました。
しかしHARG療法は、薄毛、脱毛症の原因に関係なく、もう一度発毛し、成長させ、薄毛、脱毛を改善します。早く髪を生やしたい、そんな女性の味方なのです。

女性の円形脱毛症において、軽症のものであれば、1回のHARG療法で自覚症状が改善されたという臨床の例もあります。もちろん個人差があり、すべての方が1回の治療で効果が出るとは限りませんが、多くの方は初めの1回だけで少しずつ発毛しているのを実感できているようです。

月1回の通院でOK

治療時間は30分程度
HARG療法の治療は大掛かりな治療ではありません。治療時間は30分程度の、日帰り治療です。発毛の仕組みそのものが、自然にご自分の髪を成長させるものであるため、植毛等と違って施術後も普段通りに生活できます。

パウダールーム完備
当院では、施術中にお化粧が崩れたり、シャンプーや施術で髪型が崩れたりしても、身だしなみを整えられるようパウダールーム(お化粧室)を用意しております。

7. 料 金

毛髪再生に有効な「成長因子」に各種ビタミン製剤などを配合することで、医療機関でのみ実施可能な毛髪再生医療が実現しました。月1回毎に6回がお勧めです。

部位 費用(税抜)
  (1) 新HARGカクテル (2) 新HARGカクテル
(白髪用)
頭部全体 1回毎 150,000円 1回毎 200,000円
6回コース 900,000円 6回コース 1200,000円
8. 症例写真

症例1 症例2
症例3 症例4
施術前  14週間後

施術前
女性の症例1_1 女性の症例2_1 女性の症例3_1
女性の症例1_2 女性の症例2_2 女性の症例3_2
4回施術6ヶ月後

施術前
女性の症例4_1 女性の症例5_1 女性の症例6_1
女性の症例4_2 女性の症例5_2 女性の症例6_2
5回施術5ヶ月後

施術前
女性の症例2_1 女性の症例2 女性の症例3
女性の症例1 女性の症例1 女性の症例1
5回施術5ヶ月後

※HARG療法の効果は、薄毛や脱毛の原因あるいは個人によって差があります。とはいえ、多くの場合、3〜4回目の治療で発毛を実感して頂くことができます。
1クール6回繰り返し治療することで、徐々に効果が現れますので、1度の治療で効果が感じられなくても諦めず治療を続けてください。

フォローアップ治療

1クール終了後のメンテナンス
発毛後も2〜3ヶ月に1回程度の通院がお勧めです。
治療が終了し毛髪再生効果が見られた後は、育毛状態を保つために2〜3ヶ月に1回程度のフォローアップ治療をお勧めしています。

モバイルサイト|PCサイト
各種クレジットカードがご利用いただけます。
診療時間のご案内
自由診療・・・予約優先制(当日予約可)
保険診療・・・予約なし可
※施術は予約制
診療時間を拡大する。
休診日:第5土曜日、第5日曜日、祝日
携帯・PHSからでもご相談いただけます。
メールでのご予約・お問い合わせはこちらから

は休診日です。

ページの終了