トップページ > 保険診療のご案内 > ホクロの治療

ホクロの治療

平成24年2月1日より形成外科・皮膚科・小児外科の保険診療を開始させて頂きました。

ホクロはどういう時に取るべきか?

1. 大きさや表面の状態などに「変化」がみられるホクロ →(悪性化の可能性)

下記一項目でも当てはまる場合には、
① 大きくなっているもの(7o以上)
② 色むらがあるもの
③ 不整形(周囲にしみ出しがあるもの)
④ 易出血性(出血しやすいもの)
⑤ 浸出液を伴う(汁がにじみ出るもの)

2. 生まれた時からある大きなホクロ →(悪性化の可能性)
3. 外的刺激の加わりやすい部位のホクロ →(悪性化しやすい部位)

足の裏、手の平、口唇、爪下、外陰部、鼻の中など、ヒゲ剃りや整髪の邪魔になるものや、下着などで締め付けられる部位のもの。

4. 患者様ご本人にとって整容的(美容的)に気になるホクロ

お顔や露出部などのホクロなど

※ホクロ治療は保険がきく場合がありますので、ぜひ一度ご相談下さい。

※保険診療(3割負担)の場合の自己負担額は9,000円〜18,000円位です。
 (ホクロの性状、大きさ、数、部位等により異なります。)
※美容目的での治療は自費となります。
※美容目的(自費)の場合の料金(麻酔代込み)
  1個(長径5ミリ以下):12,000円(税抜)
  2個(〃):19,000円(税抜)
  3個(〃):27,000円(税抜)
  4個(〃):34,000円(税抜)
  5個(〃):39,000円(税抜)
  6個(〃):46,000円(税抜)
  7個(〃):53,000円(税抜)
  8 個〜10個(〃):60,000円(税抜)
 ※10個を超える分(11個目より)1個(長径5ミリ以下)につき5,000円(税抜)

ホクロに似た疾患

老人性ゆうぜい、老人斑、血豆、表皮母斑など(良性)
老人性角化腫(前癌病変)、基底細胞上皮腫(皮膚がん)、悪性黒色腫(悪性ホクロ)

術前 ⇒ 術後
術前   術後
術前 ⇒ 術後
術前   術後
モバイルサイト|PCサイト
診療時間のご案内
自由診療・・・予約優先制(当日予約可)
保険診療・・・予約なし可
※施術は予約制
診療時間を拡大する。
休診日:第5土曜日、第5日曜日、祝日
携帯・PHSからでもご相談いただけます。
メールでのご予約・お問い合わせはこちらから

は休診日です。

ページの終了