トップページ > 治療メニュー > ほくろ・いぼ・刺青・アザ

ほくろ・いぼ・刺青・アザ

ほくろ・いぼ

ホクロはどういう時に取るべきか?

  • 1. 大きさや表面の状態などに「変化」がみられるとき (悪性化の可能性)
  • 下記一項目でも当てはまる場合には、組織診断(検査)が必要な場合があります。
    • @ 大きくなっているもの
    • A 色むらがあるもの
    • B 不整形(周囲にしみ出しがあるもの)
    • C 出血しやすいもの
    • D ホクロから汁がにじみ出るもの
  • 2. 生まれた時からある大きなホクロ →放置しておくと、悪性化する可能性があります。
  • 3. 外的圧力や刺激の加わりやすい部位のもの (悪性化しやすい部位)
    足の裏、手の平、口唇、爪下、外陰部、鼻の中など、ヒゲ剃りや整髪の邪魔になるものや、 下着などで締め付けられる部位のものも要注意です。
  • 4. 患者様ご本人にとって整容的(美容的)に気になる場合  お顔や露出部のホクロなど

治療方法

1炭酸ガスレーザー

スーパーパルスCO2レーザー

ほくろ・いぼ
当院では、サージトロン(高周波電気メス)を用いた治療とCO2レーザーによる治療を行っています。大きさ、部位、性状により最適な方法を選択します。

治療前、治療後の比較図

※ホクロ治療は保険がきく場合がありますので、ぜひ一度ご相談下さい。

※保険診療(3割負担)の場合の自己負担額は9,000円〜18,000円位です。
 (ホクロの性状、大きさ、数、部位等により異なります。)
※美容目的(自費)の場合の料金(麻酔代込み)
  1個(長径5ミリ以下):12,000円(税抜)
  2個(〃):19,000円(税抜)
  3個(〃):27,000円(税抜)
  4個(〃):34,000円(税抜)
  5個(〃):39,000円(税抜)
  6個(〃):46,000円(税抜)
  7個(〃):53,000円(税抜)
  8 個〜10個(〃):60,000円(税抜)
 ※10個を超える分(11個目より)1個(長径5ミリ以下)につき5,000円(税抜)

2除去手術

  • 組織検査の必要のあるホクロの治療
  • (1)切除縫合:シワの方向に沿うようにホクロを切除して丁寧に縫合する方法です。
    手術前 ⇒ 手術後
    術前   術後2ヶ月
  • (2)くりぬき焼灼:縫合できない部位のホクロをくり抜いて高周波で焼く方法です。
    手術前 ⇒ 手術前 ⇒ 手術前
    術前   術直後   術後3ヶ月

※ホクロ治療は保険がきく場合がありますので、ぜひ一度ご相談下さい。

※保険診療(3割負担)の場合の自己負担額は9,000円〜18,000円位です。
 (ホクロの性状、大きさ、数、部位等により異なります。)
※美容目的(自費)の場合の料金(麻酔代込み)
  1個(長径5ミリ以下):12,000円(税抜)
  2個(〃):19,000円(税抜)
  3個(〃):27,000円(税抜)
  4個(〃):34,000円(税抜)
  5個(〃):39,000円(税抜)
  6個(〃):46,000円(税抜)
  7個(〃):53,000円(税抜)
  8 個〜10個(〃):60,000円(税抜)
 ※10個を超える分(11個目より)1個(長径5ミリ以下)につき5,000円(税抜)

3アメージングタッチ(自由診療)

アメージングタッチ

塗るだけでイボ・ホクロが取れる
Amazing Touch(アメージングタッチ)

ハーバルクリーム(植物系)を塗るだけで治せる、画期的なホクロ・イボ除去術開始しました。レーザーによる蒸散や電気切除等の外科的手術に抵抗のある方や痛みに弱い方には最適な治療法です。

症例写真その1
頬(ホホ)のほくろ除去
鼻のほくろ除去
鼻のほくろ除去

<料 金>
イボ(5mm未満):12,000円/個、
5mm以上 2,400円 / mm

※当院ではアメージングタッチはイボ、鶏の眼(ウオの目)の治療として行っております。

  • 1. 診察時にホクロの位置、大きさ、深さを正確に診断し、治療方法を計画し提案します。
  • 2. 治療では局所麻酔剤を使用しますが、調合した薬剤を使用しできるだけ
    痛みを少なくしています。
  • 3. 1回の治療で完了するように、正確にレーザーでホクロの根っこを除法します。
  • 4. 鼻にあるホクロで深いものの場合は、複数回に分けて治療し、
    傷痕が目立たないように工夫しています。
  • 5. 通院回数をできるだけ少なくし患者様の負担を軽減しています。
  • 6. 万が一ホクロが再発した場合は、責任をもって最後まで取りきります。
  • 7. 傷痕が目立った場合は、その都度、形成外科的に適切に対処します。
  • 8. 大きなホクロの場合は形成外科的な切除を勧めることあります。
    その場合も、傷痕ができるだけ美しく仕上がるように、丁寧な手術をおこないます。

刺青(タトゥー、入れ墨)除去

刺青(タトゥー、入れ墨)除去に関する悩み

流行やファッション感覚の軽い気持ちで、あるいはその時は良いと考えて入れてしまった刺青(タトゥー、入れ墨)。しかし刺青による社会的な不利益は相当大きいものです。
進学、就職や結婚などを機になくしたいと考えている若い世代の方から、 若気の至りから勢いで入れてしまったが後悔してしまっていて世間の目が気になる、 プールや温泉に行かれない、お子さんやお孫さんに見せられないといった各世代の方まで、さまざまな刺青除去の悩みがあります。でもいざとなったらレーザーで簡単に消せるからと思っている方も少なくないと思います。しかし、現実はそう簡単なことではありません。

刺青除去を考えている方には次のような希望があります。

・ とにかく刺青が入っていたという痕跡(事実)を消したい。
・ 短期間ですぐになくしたい
・ 今より目立たなくなる程度でよい
・ なるべくきれいに取りたい
これらのご希望を専門医がお聞きして、最適な治療法を説明させて頂きます。

刺青の状態とご要望に合わせて治療法を選択します。

刺青(タトゥー、入れ墨)除去には大きく分けるとレーザー治療と外科的手術があります。

レーザー治療

@QスイッチYAGレーザー
特定の色素をだけを消します。適応となる色は黒色・青色・茶色です。赤・黄色・緑系の色は反応が弱いので、カラフルな刺青は、薄くはできても完全に取ることはできません。
また金属を混ぜているものは消えにくく、5〜10回の照射でもあまり薄くならない場合も見られます。照射間隔は約2カ月間です。何回でどれ位消えるかは、実際に照射してみないとわかりません。(アートメイクは数回で消える場合が多い) レーザーで刺青の色が除去できたとしても、その跡が肌色よりやや白っぽく脱色することもあります。また、色は消えても形は残ります。ですから刺青が入っていたという事実を消すためにはこの方法は向きません。

色は消えても形はわかります。

A炭酸ガスレーザー
皮膚組織の大部分は水分でできています。炭酸ガスレーザーはこの水分に吸収される事で強力な熱効果を表し、刺青の組織を最小限のダメージで出血もほとんどなく除去します。比較的浅い刺青は一度で取る事ができますが、深いものは2〜3回の治療が必要な時があります。刺青をレーザーで削るように焼くことで擦過傷の傷跡〜熱傷の跡に変え、刺青の入っていたという痕跡(事実)を消すことができます。

刺青が擦過傷〜やけどの跡になります。

外科的治療の適応と手術方法

外科的治療の適応としては、傷痕は残っても早急に刺青である事が判らなくなる事を望む方が適応となります。特に結婚や就職前の方に多くみられます。

@単純切除術
1回で切除して縫縮する方法です。切除できる範囲は刺青の大きさと部位で決まります。 皮膚に伸びのある部位ではかなり大きい刺青まで1回で取り除きます。

A分割切除術
広範囲なために、1回では取り除くことはできない場合に行います。2〜3回に分けて切除縫縮を繰り返します。手術の間隔は、手術により無くなった皮膚の弾力が回復する約6か月間とていますが、部位によっては1年が必要な場合もあります。
※また、分割切除術では時間がかかるため、1回の単純切除術で可能な限り除去し、取り残した刺青を炭酸ガスレーザーで削る事で、1回の治療で終了することもできます。

B皮膚組織伸展法(ティッシュ・エキスパンダー法)
広範囲な皮膚および軟部組織欠損の修復法の一つです。皮膚の下にシリコン製のバッグ(風船のようなもの)を埋入し、そのバッグ内に生理的食塩水を少しずつ注入することによりバッグを大きくし、3〜4ヵ月ほどかけてその部分の皮膚を伸展させて、皮膚欠損部の修復に利用します。これは、妊婦さんのお腹の皮膚が伸展するのと同じ原理です。バッグには多種の形態や容量があり、これを使用する部位や大きさによって選択します。周辺の余剰組織での閉鎖が不可能な、広範囲なあざや傷跡や刺青の治療に用いられます。

C皮膚移植術
広範囲で分割切除縫縮術を受ける時間的余裕がない場合に行います。刺青を除去し、そこに太ももやお尻の皮膚を移植する方法で、かなり広い範囲でも可能です。しかし、どんなにうまく移植できても、本来違う場所から移植された皮膚は質感などが異なります。また、一般に刺青の部位(腕、肩、胸など)は傷痕が醜くなりやすい場所なので、移植した皮膚も醜い形として残ります。 さらに皮膚を採った場所(donorと言います)にも傷痕が残ります。結局、刺青を除去した場所と皮膚を採った場所の2箇所に傷痕が残る事になります。
当院では、基本的には刺青の治療に皮膚移植は適応でないと考えています。

※『刺青(タトゥー、入れ墨)はレーザーですべて取れます』というのは問題があります。高額な費用と長い時間をかけて治療したが、結局消えなかったでは、どうしようもありません。
逆に『レーザーは駄目、何でも切開して取ります』も偏っています。レーザーが効果的な刺青もありますので、状態に応じてレーザー治療、手術治療を使い分けることが重要です。

※刺青(タトゥー、入れ墨)除去の手術は豊富な経験と高度な技術が必要です。当院では形成外科、美容外科の専門医が治療を行います。

  • 1. 診察時にあざ・刺青の状態を正確に診察し、治療方法と経過について
    詳細に説明します。
  • 2. 治療効果を最大限に引き出すために、ご希望により当院独自の
    高濃度ビタミンCイオン導入法、トラネキサム酸導入法などの併用治療を行っています。
  • 3. 治療では局所麻酔剤を使用しますが、調合した薬剤を使用しできるだけ痛みを
    少なくしています。
  • 4. あざ・刺青切除後の傷の縫合は、形成外科的に、丁寧かつ正確に行います。
  • 5. 万が一傷痕が目立った場合は、その都度、形成外科的に適切に対処します。
  • 6.大きなあざや刺青の場合は、複数回に分けて切除する方法を勧めることが
    あります(分割切除術)。
モバイルサイト|PCサイト
各種クレジットカードがご利用いただけます。
診療時間のご案内
自由診療・・・予約優先制(当日予約可)
保険診療・・・予約なし可
※施術は予約制
診療時間を拡大する。
休診日:第5土曜日、第5日曜日、祝日
携帯・PHSからでもご相談いただけます。
メールでのご予約・お問い合わせはこちらから

は休診日です。

ページの終了