トップページ > Q&A

Q&A

診療・カウンセリング・支払い

Q:カウンセリングは無料ですか?

無資格のカウンセラーや看護師が行う無料カウンセリングとは異なり、 専門医によるカウンセリング(診察)を行っておりますので、初診料と して3,150円(税込)を頂いております。 専任の美容アドバイザーによるカウンセリングと看護師が行うカウンセリングは無料です。
また、脱毛とプレセンタ注射およびにんにく注射のカウンセリングも無料です。

Q:予約は必要ですか?

予約優先制(当日予約可)ですのでお電話でのご予約をお取り頂きますようお願い致します。Eメールによるご予約も受け付けております。当日予約可

Q:未成年なのですが、家族に内緒で治療を受けることができますか?

保護者の方の同意が必要となります。一緒にお越しいただいたほうが、納得していただきやすいと思います。同伴でご来院頂けない場合には、治療に際し同意書が必要になる場合があります。(同意書の用紙をFAXでお送りすることができます。)

Q:ローンは組めますか?

低利医療ローンは大手2社(ジャックス、セディナ)と提携しています。各社所定の審査があり、ご期待に添えない場合もありますので、ご了承下さい。未成年の方は、保護者の方が連帯保証人になっていただく必要があります。詳しくは受付またはお電話でご確認下さい。

Q::健康保険は使えますか?

申し訳ございません。美容治療に健康保険は使えません。

Q:キャンセル料は必要ですか?

キャンセルのご連絡が、美容外科手術では7日前以降の場合、レーザー脱毛とドクターズエステでは当日の場合、規定のキャンセル料が発生します。但し、体調がお悪い場合には、この限りではありません。

目・目元の治療について

Q:アイプチをしていますが、埋没法の手術を受けることはできますか?

アイプチを長期間使用する事により、瞼の皮膚に負担がかかります。 かぶれやただれの原因ともなりますので、二重の手術をお勧めします。 埋没法は糸でご希望の二重のラインを作る方法です。腫れや出血は少なく糸をかける位置を決めるのに約15分、手術時間も両側で約 15分位です。

Q:かなり腫れるのでしょうか?

埋没法では4〜5日間位腫れますが、サングラスなど無しで過ごせる程度です。そのほかの方法は個人差がありますが、少なくとも部分切開では7日間位、全切開法では10日間位の腫れを考えておいてください。

Q:洗顔・化粧はすぐできますか?

洗顔・目元以外のお化粧は、当日から可能です。目元のメークは埋没法では一週間後より、その他の方法では抜糸翌日から可能です。クレンジングで強くこすらないようにしてください。 まつげパーマは、1ヶ月位禁止です。

Q:コンタクトレンズはすぐできますか?

埋没法では、1週間後から使用可能です。

Q:目頭切開について教えてください

目頭切開は目立つ傷跡が残る可能性の高い手術です。必要でなければ避けたほうが良いでしょう。本当に目頭切開が必要な方は、それほど多くありません。

Q:術後の保証はありますか?

1年以内のラインの消失に対しては片側10,500円(実費、税込)で再手術を行います。

鼻の治療について

Q:プチ整形で隆鼻術をしたいと考えています。どの程度の持続効果がありますか?

注入剤で鼻を高くしたいということであれば鼻筋に何箇所か注射を打つことにより鼻筋に高さを出します。ヒアルロン酸の注入が一般的ですが、最近はアクアミドという注入物もあります。アクアミドは1〜2年間の持続効果で、途中で取り出すことは出来ません。また、皮膚の厚さにより注入物が白く浮き出てしてしまうこともありますので、皮膚の薄い方では、お薦めできない場合もあります。なお、何回か注入を繰返して行うと効果が若干長くなることがあります。ヒアルロン酸の持続期間は個人差がありますが、およそ半年程度です。最新のレディエッセ(Caハイドロキシアパタイト)は平均1年半の持続効果で組織の再生効果も期待できます。

Q:小鼻縮小手術について教えて下さい。

鼻翼縮小術は外側を切除する方法と内側を切除する方法があります。軽度の場合は内側を切除する方法で行います。傷痕は鼻の穴の内側で目立ちにくいです。また、小鼻がかなり大きい方は外側から切除します。この場合も抜糸(1週間後)が終わればお化粧もできますので、傷痕が目立つことはありません。

フェイスライン(輪郭)の治療について

Q:エラを小さくすることはできますか?

骨が張っている場合と筋肉が張っている場合により治療法が違います。骨が張っている場合には、突出している部分の骨を削る必要があります。状態により口の中からか、または直接突出した部分から行う場合があります。骨格自体が小さくなりますので、施術後はすっきりとした印象になります。一方、エラの部分の筋肉が発達している場合は、ボトックスの注射を打つことにより、筋肉の大きさを減少させ、エラを細くします。

シワ・たるみ・小顔の治療について

Q:年齢とともに顔のたるみが気になり始めました。

金の糸美容法は、しみ・シワ・たるみなど気になる部分に24金(純金)の糸を入れることで、自らのコラーゲンを増殖させて、肌そのものを若返らせるという治療法です。首・頬・額・顎・コメカミ等に入れることができます。効果が出るまでには、半年〜1年要する場合(個人差)があります。1回のみの治療で、半永久的な効果が得られます。軽いお化粧は翌日から可能です。法令線〜口元、目元のシワ・たるみには、ご自分の血小板と成長因子を用いる再生医療(セルリバイブジータ)がとても効果的です。

Q:シワの治療として以前ボトックスの注射を受けましたが 効果がありませんでした。他にどのような治療がありますか?

ボトックス注射は、表情ジワ(寄せて出来るおシワ)に効果があります。ただし、普段もシワが目立つ(表情ジワではない)場合には、そのシワを埋めていくヒアルロン酸やコラーゲンの注射が効果的です。施術時間も短時間で施術後すぐに効果が実感して頂けますので、大変満足度の高い治療法です。持続性は、どちらも半年程度です。当院ではその他の方法として、ジェントルYAGレーザー、高周波温熱療法、LED、エレクトロポレーション(ノーニードルメソセラピー)や超音波導入、金の糸や血小板と成長因子等によるシワ・たるみの治療を患者様ごとにオーダーメイドな組み合わせで行わせて頂いております。

Q:ジェントルYAGレーザーに興味があります。施術後に腫れたりといったダウンタイムはありますか?

ジェントルYAGレーザーはレーザーの光エネルギーを利用したシワ、たるみ専用の治療機器です。切らない リフトアップとして、大変好評を頂いております。高周波温熱療法、LED、イソダーム(ノーニードルメソセラピー)や超音波導入等の併用によりさらに大きな効果を得ることができます。これらの治療はお肌の表面を傷つけない為、施術の直後からお化粧や洗顔、入浴等も可能です。通常の生活には何の支障もありません。

Q:よく、フェイスリフトは10歳以上若返る効果があるといわれますが本当なのでしょうか?

これは、フェイスリフトを受ける人のたるみ具合や年齢にもよります。 個人差はありますが、大体40歳後半以降でたるみがかなりある人の場合は劇的な効果が得られ、10歳程度の若返りの効果が十分期待できます。
30代から40代前半くらいにかけては、一部をリフトアップするミニリフトなどを受けたり、糸を使ったフェザーリフトを受けられる方が多いです。自己血小板療法や金の糸などの再生医療も効果的です。
この年代では、かなりたるんでいる程度ではないことが多いので、10歳以上の効果が得られるかどうかは個人によって違いますが、たるみがとれて、頬がふっくらする、張りが出て昔のラインがよみがえるなどの効果は得られます。

にきび・ニキビ痕、赤ら顔などについて

Q:にきびとニキビ痕が悩みで、赤い痕になっています。治療法はありますか?

にきび・ニキビ痕には、高周波温熱療法とケミカルピーリングとイオン導入とLEDの併用療法がとても効果的です。ニキビ痕の赤みに対しても効果が期待できます。これらの方法はコラーゲンの合成を活性化させる働きがありますので、お悩みのニキビ痕だけでなく、お肌の様々なトラブルに対しても効果があります。

Q:赤ら顔で悩んでいます。頬と鼻の辺りが赤いのですが、治療法はありますか?

赤ら顔は、毛細血管が暑さや寒さなどの刺激により収縮・拡張して起こる症状です。治療法としては、ジェントルYAGレーザーや高周波温熱療法、LEDによるものが効果的です。お肌にダメージを与えることもなく、施術後すぐにお化粧も可能です。

脂肪吸引と脂肪溶解注射について

Q:脂肪吸引の術後、 デコボコになったりすることがあると聞きますが?

当院の施術方法は、気になる部位の脂肪層にカニューレと呼ばれる細い管を入れ皮下脂肪を吸引します。また、吸引する部位や深さを考えて全体的にまんべんなく吸引致しますのでデコボコになったりという事は殆どありません。

Q:脂肪吸引と脂肪溶解注射のどちらが効果的でしょうか?

脂肪吸引の場合は気になる部位の脂肪層にカニューレと呼ばれる細い管を入れて皮下脂肪を直接吸引します。一方、脂肪溶解注射は気になる部位の脂肪層に注射を打つことにより脂肪を溶解し、尿とともに体外へ排出します。脂肪の溶解速度には個人差がございます。代謝の悪い方は効果が出るまでに時間がかかる場合もあります。短い期間に確実な効果を出したい場合は脂肪吸引をお薦め致します。

Q:リバウンドはありますか?

ダイエットは一つ一つの脂肪細胞を一時的に小さくするだけなのでリバウンドが必ずあります。一方、脂肪吸引や脂肪溶解注射は脂肪細胞の絶対数を減らす方法なのでリバウンドはありません。

Q:メソセラピー(脂肪溶解注射)は1度に何本でも注射できますか?また、1回目と2回目の間隔は何日位あけなければならないですか?

メソセラピー(脂肪溶解注射)の場合、一度に施術可能な範囲があります。手の平を広げた位の大きさの4〜5倍です。注射4〜5本分位が適量です。同一部位へは2週間あけて再注射します。

豊胸術について

Q:プチ豊胸術について教えてください。

Sub-Q法は胸のプチ整形と呼ばれる方法で、Sub-Qというヒアルロン酸を注入することにより胸の形を整え、ご希望の大きさにする事ができます。施術後すぐに効果を実感していただけます。また、日常生活の制限も殆どありません。ご希望のサイズにより注入する量が異なります。1カップ程度のサイズアップの場合、片側に30〜50ccの注入が必要です。

Q:脂肪吸引と脂肪溶解注射のどちらが効果的でしょうか?

施術は、まず余分な部分の脂肪をカニューレと呼ばれる細い管で吸引致します。それから吸引した脂肪を精製します。準備できた脂肪をまんべんなく胸に均等に注入します。脂肪の生着率に関しましては、個人差はございますが50%程度となります。最終的には1カップ程度のサイズアップとなる事が多いようです。 最新のPRP(血小板)を用いるとこの生着率が70〜80%にUPします。

ワキガの治療について

Q:他のクリニックでワキガの手術をしたのですが、最近また臭いが気になるようになりました。他のクリニックで手術を行っている場合でもこちらのクリニックで再度手術をする事は出来ますか?

当院ではワキガの手術法として、直視下に汗腺を除去する皮弁法を 行っています。この方法は最も効果が高く、再発の可能性が低い方法です。また、当院では他のクリニックで手術を受けて再発された患者様の再手術もさせて頂いております。 最新のWater-jet法なら、傷跡も目立たず、痛みと出血が一番少ない手術方法です。(当院では2008年6月より導入しています。)

医療レーザー脱毛

Q:全身の脱毛について教えて下さい。

医療用脱毛レーザーは、出力が高く脱毛効果を実感出来ます。施術は毛周期(毛の生えてくるサイクル)に応じて1〜 1.5ヶ月間隔で行います。6〜7回程度の施術でかなりの脱毛効果が得られます。当院の脱毛用レーザーは色素強い部位の脱毛も安全に行うことができます。

Q:一番安全な脱毛方法を教えて下さい。

当院では米国FDAと厚生労働省が認可した医療用のレーザーを使用しておりますので、高い出力での施術が可能で安全で効率の良い脱毛が可能です。医療レーザー脱毛機は医療機関でのみ使用可能な機械です。当院では2種類のレーザーを用いて、患者個々に合った安全で確実な医療脱毛を行っています。また、レーザー脱毛は医療行為になりますので、クリニックでお受けになる事をお勧め致します。エステでのレーザー脱毛は違法行為です。

Q:所要時間の目安は、どのくらいですか?

両ワキで約5分、上腕、前腕がそれぞれ約15分、ヒザ下が約20分程度と考えてください。毛剃りをしてお越しください。

Q:施術の間隔は、どのくらいが良いのでしょうか?

場所によって毛の成長スピードが異なりますが、だいたいまばらに生えてきた頃(1ヵ月から1ヶ月半程度)に次の施術を行うのが基本です。

Q:レーザーを当てた後の自己処理は、どうしたらよいのですか?

カミソリで剃っていただくのは問題ありません。ただし、剃りすぎると毛嚢炎(ニキビのようなもの)ができる原因になることがあります。

Q:ヤケドしたりしませんか?

一時的に赤みが出ることはありますが、普通はやけどをすることはありません。

ケミカルピーリングについて

Q:ケミカルピーリングは痛いのですか?

薬液を塗布している間、少しピリピリする程度で、痛いというほどではありません。

Q:ケミカルピーリング後の赤みはどうですか?

多少の赤みが出る場合がありますが、お化粧で隠せる範囲で問題ありません。

Q:すぐにお化粧はできるのですか?

普通にお化粧をしてお帰りいただくことができます。当院では自然素材だけでできたお肌に優しいメイクアップ用化粧品のテスターを用意しております。

Q:夏場のピーリングは大丈夫ですか?

通常の日焼け対策をしていれば、夏場でもご心配はいりません。

Q:何回ぐらいしたら良いのですか?

お肌の調子が良くなったら、しばらく間を空けても大丈夫です。ただ、お肌のトリートメントとして年に1クールぐらいしておけば、老化を遅らせることができます。

Q:ずっと続けなければならないのですか?

場所によって毛の成長スピードが異なりますが、だいたいまばらに生えてきた頃(1ヵ月から1ヶ月半程度)に次の施術を行うのが基本です。

プラセンタについて

Q:プラセンタで狂牛病は大丈夫ですか?

プラセンタの注射はヒト由来で、パックはブタ由来です。現在知られているウィルスや細菌は完全に除去されていますので、心配はいりません。

婦人治療について

Q:小陰唇縮小術の後、処置に通院しなければなりませんか?

溶ける糸を使いますので、自宅で自己消毒ができれば、通院されなくても問題ありません。ただ、責任を持った治療を行うために、術後の経過観察をお勧めしています。

Q:性行為はいつから可能ですか?

だいたい4週間程度で可能です。

Q:女性の医師の手術を受けたいのですが?

残念ながら当クリニックには女医はおりません。医療機関ですから、恥ずかしがる必要はありませんので、安心してお越しください。また、スタッフは全員女性です。

Q:腟縮小を受けたいのですが、どのくらい変わるのでしょうか?

伸び縮みの大きな部位ですので一概には言えませんが、だいたい元の大きさの80%程度のサイズになると考えてください。

男性器の治療について

Q:包茎手術はされていますか?

はい、行っております。

Q:シリコンボールを入れたいのですが?

申し訳ありませんが、当院では行っておりません。安全性が確立されていません。

ピアスについて

Q:耳にピアスをして目が見えなくなることはありませんか?

ピアスの位置に眼のツボがあると考えられているところから出てきた話のようですが、そんなことはありえません。

Q:ボディピアスは開けていただけますか?

ヘソはボディ用のピアス(できるだけ長いバナナのように曲がった14Gサイズのもの)を使用します。局所麻酔代込で10,500円(税込)です。別途消毒液と軟膏は実費となります。

モバイルサイト|PCサイト
診療時間のご案内
自由診療・・・予約優先制(当日予約可)
保険診療・・・予約なし可
※施術は予約制
診療時間を拡大する。
休診日:第5土曜日、第5日曜日、祝日
携帯・PHSからでもご相談いただけます。
メールでのご予約・お問い合わせはこちらから

は休診日です。

ページの終了