トップページ > 治療メニュー > ワキガ・多汗症

ワキガ・多汗症

ボトックス

ボトックス

ボトックス注入法なら、わきに注射をするだけで手術の必要なく簡単にこの汗の分泌を抑えることができます。 それはボトックスには、汗の分泌を支配する神経をブロックするため、汗の分泌を抑制する働きがあるからです。

汗腺模式図

<料金> 両ワキ 80,000円(税抜)

※施術後の経過・効果には個人差があります。

制汗剤

医療用制汗剤「パースピレックス・プラス」・・・多汗症の方はこちらがおすすめ!

医療用制汗剤「パースピレックス」

パースピレックス(Perspirex)は、汗腺深部に角栓を作ってフタをすることで物理的に発汗を抑制する制汗剤です。ワキ、手のひら、足裏など気になる部分に一度塗るだけで、入浴・手洗いなどで効果が低下することなく3〜5日間制汗効果が持続します。※
市販の制汗剤は効果が短く、手足には効果が出にくいものばかりでした。また、ボトックス注射による多汗症治療は妊娠中などには使用できません。パースピレックスなら、妊娠中でも安全に使用でき、アレルギーの心配もありません
※第三者機関による臨床試験において、一度の使用で汗の65%を抑制する効果が72時間以上持続することが実証されています。

パースピレックス・プラスは従来のパースピレックスより、さらに持続日数が改良されております。従来のパースピレックスは3日から5日程の持続期間でございましたが、パースピレックス・プラスは1回の使用で5日から7日効果が続くと言われています。

パースピレックス(Perspirex)
こんな方におすすめです。
  • ワキや手足の多汗、軽度のワキガにお悩みの方
  • 市販の制汗剤では十分に効果が得られない方
  • スポーツ、仕事などで長時間の制汗効果が必要な方
  • 妊娠中など、ボトックスによる多汗症治療ができない方
効果 1回の塗布で5〜7日ほど持続します。
※従来のパースピレックスは3〜5日程度持続します。
制汗の仕組み

パースピレックスは、アルコールベースの塩化および乳酸アルミニウム溶液です。汗腺内の水およびケラチンと反応して、汗腺深部に角栓を形成し、汗腺を密閉して一時的に汗の産生を中断します。皮膚のターンオーバーにより、角栓は2〜3日で排出されます。

ご使用方法

寝る前に塗布して、よく乾かします。扇風機やドライヤーを使って乾かしても構いません。
翌朝、汗とりシートや濡れタオルでふき取るか、シャワーなどで洗い流してください。

経過

パースピレックス・プラス(ワキ用)は、1週間に2〜3回繰り返して使用して下さい。
パースピレックスボディ(手足用)は、効果が出るまでの1週間程度は毎日、効果が出始めてからは週2〜3回使用して下さい。

注意事項

万が一、異変を感じた場合は使用を中止してくだださい。

パースピレックス(Perspirex) パースピレックス(Perspirex)
デンマーク製
パースピレックス・プラス(ワキ用)
25ml 1本 5,000円
デンマーク製
パースピレックスボディ(手足用)
100ml 1本 5,500円

ミョウバン制汗剤・・・「T-bar & T-tube」

直ぬり制汗デオドラント D-bar (ディーバー) D-tube (ディーチューブ)

ワキガや足の臭い気になる臭いを防ぎます。

直接塗るから効き目バツグン

古くからヨーロッパでデオドラント剤(消臭剤)として利用されてきたミョウバンは、雑菌の繁殖をおさえ、気になる臭いを防ぎます。
朝塗るだけで夜まで長時間効果が持続するので塗りなおしの手間がかかりません。
また、直ぬりステックタイプなので手がよごれません。
持ち運びに便利な携帯サイズなので、旅行先などでもお使い頂けます。
[使用方法] 乾いた清潔な肌に3〜4回ムラなく塗布して下さい。
胸、首やひざ裏、足にも使用できます。
T-bar(15g):1,500円  T-tube(40g):1,800円

セルニューデオドラントクリーム (医薬部外品)・・・ワキガの方はこちらがおすすめ!

パースピレックス(Perspirex)

わき・足などの気になるにおいを防ぐデオドラントクリーム
「抗菌×制汗」・・・においの原因にアプローチ
軽くのびて、べたつかない感触のデオドラントクリーム。

無香料・無着色  バッチテスト済み
アレルギーテスト済み

有効成分: クロルヒドロキシAl、
グリセリンモノ2−エチルヘキシルエーテル
ビタミンC・E誘導体、ビタミンE

 

手術 ・・・長年の悩みを一挙解決!

ワキガ、多汗症でお悩みですか?

ワキガの原因は、アポクリン腺の分泌液が皮膚表面の細菌により分解され、さらにエクリン腺からの汗やわき毛がこれを増強させることにより起ります。腋窩多汗症は、エクリン腺の機能亢進の結果汗の産出が増強し、表皮に放出される汗の量が増加するものをいいます。したがって、厳密には腋臭症とは区別されるべきものですが、両者の間には密接な関係があります。

汗腺模式図

当院では局所麻酔下に汗腺を外科的に除去する手術
1切除法 2剪除法 3Water-jet法を行って
います。多汗症に対しては、ボトックスによる治療を患者さんのご希望に合わせて行っています。

皮膚の構造と手術範囲

腋臭症(ワキガ)・多汗症の各種手術方法

1切除法
切除法
手術中 ⇒ 手術後
手術中   手術後
2直視下せん除法(皮弁法)
直視下せん除法(皮弁法)
汗腺除去前 ⇒ 汗腺除去後
汗腺除去前   汗腺除去後
3Water-jet法 ・・・ 痛みと出血が一番少ない手術方法です。
ウォータージェット法

ボディジェット
ドイツ、ヒューマンメッド社製のボディジェットと呼ばれる医療器を用いた ウォータージェット法はハンドピースの先端についたワキ専用のカニューレ (管)を用い水流により、まんべんなく汗腺を粉砕、吸引除去していきます。
傷跡が目立たず、皮膚に優しい治療です。

<料 金>(両ワキ):350,000円
→キャンペーン料金・・・250,000

Water-jet法

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • 【特徴】
  • ・「そうは法」と「吸引法」の長所を合わせたような手術法。
  • ・通常の手術法と比べ、手術中、手術後の痛みが少ない。
  • ・術後の固定期間が短い。
  • ・キズが目立たない
  • (数ミリのキズが1ヵ所入るのみ。剪除法に比べ全体の黒ずみや拘縮が少ない)

【欠点】
・剪除法に比べると効果は少し劣る。


直視下剪除法 Water jet法 レーザー脱毛 ボトックス 外用
効果 臭い +++ ++
+++ ++ ++ ++
永続性 あり あり あり 6ヶ月 常用
治療中の
痛み
+++ 軽度
治療後の
痛み
+++ 軽度
ダウンタイム +++
傷あと ++ ±
費用 保険診療 両ワキ
350,000円

キャンペーン
料金

250,000円
1回
2,700円
プレミアムパス
25,000円
両ワキ
80,000円
制汗剤
1,500円〜5,000円

すそワキガ

すそワキガ(しもワキガ、外陰部臭症)とは?
ワキガの原因であるアポクリン汗腺は、ワキの他にも乳輪やヘソ周り、外陰部などにも存在します。陰部のアポクリン汗腺が多いと臭いが気になることがあります。これをすそワキガと言います。陰部のアポクリン汗腺は主に、大陰唇や肛門周囲に多く存在します。
臭いの原因はアポクリン汗腺からの汗や皮脂が細菌によって分解され、それがエクリン汗腺からの汗によって拡散され、特有の強い臭いを発生させるというのがすそワキガのメカニズムです。
ワキガやすそワキガなどの人はこのアポクリン汗腺やエクリン汗腺の働きが活発なために臭いが強いのです。
例えば性交渉をしたあとなど、股間部のニオイがきつくなるという場合もあるようです。
また、ワキガ体質の方=「すそワキガ」にもなりやすいと言うことができます。しかし、「すそワキガ」はワキガの症状が全くない人でも、発症する場合があります。

すそワキガの治療法

すそワキガは、通常は電気凝固法で治療します。確実性を求める場合はアポクリン腺が多く存在する大陰唇の切除を行う場合もあります。他に、手軽な方法として、医療レーザー脱毛やボトックス注射により汗を抑えてすそワキガの臭いを減らす方法もあります。

1ボトックス注射

すそワキガの原因である汗をボトックス注射によって抑えてあげる治療法です。ボトックスの治療効果は4−6ヶ月ですので、定期的に処置が必要になりますが、電気凝固や大陰唇切除と比べ、手軽に受けられるのが特徴です。姫路さくらクリニックでは、最も信頼性の高いアラガン社製のボトックスのみを使用しておりますので安心して受けて頂けます。

  • ボトックス治療の特徴
  • 1. 痛みもほとんどなく、特にメスを使わずに済むこと
  • 2. 治療時間が数分と非常に短いこと(5分程度で終わるところが多いです)
  • 3. またボトックスの特徴として、定期的に注射を行うことでアポクリン汗腺とエクリン汗腺が徐々に萎縮し、 持続期間が長く(1年以上)なったり効果が倍増することが期待できます。
2医療レーザー脱毛

汗腺の多い外陰部(VIOラインなど)の毛を医療レーザー脱毛することにより、毛根周囲の汗腺が同時に熱処理 されて減少し臭いが軽くなります。

3電気凝固法

すそワキガの原因であるアポクリン腺を電気で焼き、機能しなくさせる方法です。陰部のアポクリン腺はワキのアポクリン腺と比べ瘢痕化していることが多く、電気凝固によってかなり改善が可能です。臭いの程度によっては、複数回の処置が必要になる場合もあります。

4大陰唇切除法

すそワキガの原因であるアポクリン腺が多く存在する大陰唇の一部を切除することでアポクリン腺を減らす手術です。 電気凝固と比べ効果の確実性が高いのが特徴です。

  • 1. 診察時に現在の状態を正確に診断すると同時に、治療方針を詳しく説明します。
  • 2. 治療については、メリットとデメリットを詳しくご説明致します。
  • 3. 手術では形成外科的に、アポクリン汗腺を可及的に取り除いていきます。
  • 4. 手術に際しては、特別調合の麻酔薬を使用し、痛みの軽減を図っています。
  • 5. 術後の経過が順調になるように、アフターケアをしっかりと行います。
  • 6. 手術の縫合は形成外科的手技を用いて丁寧かつ正確に行っています。
  • 7. 専用の固定をし、脇の安静を図ります。
    (これは非常に重要な固定で、約7日間行います。)
  • 8. 抜糸は1週間目に行います。
各種クレジットカードがご利用いただけます。
診療時間のご案内
自由診療・・・予約優先制(当日予約可)
保険診療・・・予約なし可
※施術は予約制
診療時間を拡大する。
休診日:第5土曜日、第5日曜日、祝日
携帯・PHSからでもご相談いただけます。
メールでのご予約・お問い合わせはこちらから

は休診日です。

ページの終了