トップページ > 治療メニュー > しみ・美白・赤ら顔 > ヘリオケア・ウルトラD

しみ・美白・赤ら顔

ヘリオケア・ウルトラD・・・『飲む日焼け止め』

ヘリオケアとは?

塗るだけでは防ぎきれなかった紫外線による害を防ぐことができる『飲む日焼け止め』です。体の中から紫外線をブロックしてくれる最新の日焼け止めで、先進国34カ国以上で販売されています。

主成分の「FernBlock」とは?

FernBlockはシダ植物(Polypodiumleucotomos)から抽出された成分で、光老化(しみ・シワ・たるみ等)を起こす原因となる紫外線A波(UVA)を吸収し、肌を防御する効果があります。その臨床効果は学会で発表されており、有効性が実証されています。
さらに紫外線を避けることにより不足するビタミンD、抗酸化力を高めるビタミンC、ビタミンE、強い抗酸化作用を高めるルテイン、活性酸素を減らす効能があるとされるリコピンが配合されており、紫外線によって生じるDNAの損傷を減少させます。また、お肌のコンディション回復を早めるため、皮膚がんの予防にもつながります。年間を通して服用いただくことで、体の内側から紫外線によるメラニン生成やDNA損傷を防ぎ、シミやしわの予防につながります。

ルミキシル
ヘリオケア服用後は、日焼け後の細胞数の乱れが少ない。

ヘリオケアの効果は?

@「抗酸化作用」・・・シミを根本から抑制

紫外線にあたると活性酸素が発生し、シミの元なるメラニンを生成します。ヘリオケアに含まれるFernblock®成分には、強力な抗酸化作用があり、活性酸素の発生を抑制し、シミを予防します。
紫外線は、肌の免疫機能に大切なランゲルハンス細胞を減少させますが、ヘリオケアを服用することで、ランゲルハンス細胞の減少を防ぐことがわかりました。そのため、肌の免疫機能を正常に働かせることができます。

A「保湿作用」・・・お肌の回復を早める

紫外線照射によって生じるDNA損傷のダメージを減少させ、肌の回復を早めるため、皮膚がんの予防にもつながります。 紫外線照射による実験では、ヘリオケアを服用している肌は服用していない肌に比べ、紅斑が少ないという結果もでています。

B「光老化予防作用」のコラーゲンを保護

紫外線によってできるしみやシワ、たるみなどを「光老化」と言います。光老化は肌細胞(線維芽細胞)への直接的な損傷とMMP(マトリックス分解酵素)増加によるコラーゲンの減少が原因です。 ヘリオケアは肌細胞のダメージを減少させ、MMPの生成を抑制します。そのため、お肌のコラーゲンが保護され、光老化を軽減します。

副作用はないの?

「FernBlock」は、アトピー性皮膚炎、乾癬、および白斑の患者さんに、25年以上前から使用されていますが、副作用等の報告はありません。
植物成分由来なので安全性も高く、4歳以上の子供でも服用することができます。運動会や遠足などで日焼けしやすいお子様にも使って頂くことができます。

飲み方は?

紫外線を浴びる30分位前に1カプセル服用、長時間日光を浴びる場合は4時間後に1カプセルを追加服用してください。
※摂取してから約30分後に紫外線防御作用が発揮されます。
※効果は約4〜6時間持続します。
※飲む日焼け止めは、塗る日焼け止めでは防ぎきれない紫外線の影響を予防する
  ことができるものです。
  必ず塗る日焼け止めをご使用の上、服用ください。

こんなときに安心!

内服だから全身に効果があるので、「あちゃ〜、足の甲にや首に塗り忘れた〜!」などという時にも安心です。
外用剤では保護しづらい瞼、耳、頭皮、粘膜、唇なども塗り直しが必要なく手軽に紫外線から守ってくれます。

ヘリオケア・ウルトラジェルSPF90

ヘリオケアウルトラジェル 50ml 5,800円(税抜)

ジェルの併用で、より確実な日焼け対策を!
ヘリオケア(飲む日焼け止め)の有効成分「Fernblock®」を配合した日焼け止めジェルもご用意しています。SPF90(50+)のため、何も塗っていない肌よりも日焼けによる赤い斑点が現れるまでの時間を90倍延ばすことができます。さっぱりとして伸びが良く、白浮きもしません。無香料ですが、ピーチのような天然の微香がします。仕事・スポーツなどで長時間紫外線に当たる時やレーザーなどの治療をされている方は、飲む日焼け止めとの併用で、より確実な紫外線対策が可能です。
※生産国・仕向地によりパッケージの表記がSPF90とSPF50+の品がございますが
  内容は同じです。

モバイルサイト|PCサイト
各種クレジットカードがご利用いただけます。
診療時間のご案内
自由診療・・・予約優先制(当日予約可)
保険診療・・・予約なし可
※施術は予約制
診療時間を拡大する。
休診日:第5土曜日、第5日曜日、祝日
携帯・PHSからでもご相談いただけます。
メールでのご予約・お問い合わせはこちらから

は休診日です。

ページの終了