肌のスペシャリスト・形成外科専門医が行うシミ取り・肝斑治療 おすすめプラン1 シミ取り放題プラン おすすめプラン2 肝斑・美肌プラン
姫路でシミ取り・肝斑治療は形成外科専門医 ようこそ、姫路さくらクリニック。へ

姫路さくらクリニック。では
レーザー治療と保存的治療をうまく組み合わせて
安全で効果的なシミ・肝斑の治療を行います。

「シミ」といってもさまざまな疾患の総称です。
一般的には肝斑、雀卵斑(ソバカス)、老人性色素斑や炎症後色素沈着、
後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)等が含まれます。
シミの治療では診断がとても重要です。
なぜならばシミの種類によって治療法が異なるからです。
実際には、加齢とともに顔に出現してくるシミには
多種のものが混在する場合が多く、最近ではこれらをまとめて
Aging Complex Pigmentation(ACP)と称し、
保存療法とレーザー治療をうまく組み合わせて
効果的で安全な治療を行うことが大切と考えられるようになってきました。

シミ取り・肝斑治療をお考えなら、
ぜひ姫路さくらクリニック。にご相談下さい。
地域密着の個人医院だからこそできる、
姫路さくらクリニック。品質のシミ取り・肝斑治療を受けて下さい。

シミの種類と治療は

あなたのシミはどのタイプ?シミの種類の簡易チェック
  特徴 治療法
肝斑 境界が比較的明瞭な淡褐色のシミが両下眼瞼~両頬に左右対称性にでき、徐々に広がっていく。
  • レーザートーニング
    ※ピコレーザーによるピコトーニングまたはQスイッチ・ヤグレーザーによるナノトーニング
  • イオン導入(トラネキサム酸)
  • 内服薬(トラネキサム酸他)
肝斑 両頬の上部に灰色~青みを帯びて点々と出現
  • ピコレーザー(ピコショット)
  • Qスイッチ・ルビーレーザー
肝斑 日焼け、虫刺され、熱傷、けが、にきび等の何らかの炎症が起きた後に生じる境界不明瞭な色素沈着
  • レーザートーニング
    ※ピコレーザーによるピコトーニングまたはQスイッチ・ヤグレーザーによるナノトーニング
  • 高周波温熱療法+イオン導入(ビタミンC誘導体)
  • 内服薬(トラネキサム酸他)
肝斑 直径5 ㎜までの小さな色素斑で、両頬~鼻にできる。遺伝性があり紫外線により増悪します。
  • ピコレーザー(ピコショット)
  • アレキサンドライトレーザー
  • Qスイッチルビーレーザー
  • 内服薬(ビタミンC、E、L-システイン)
肝斑 紫外線による肌老化(光老化)が原因でできる境目がはっきりとした大小の褐色斑。
  • ピコレーザー(ピコショット)
  • アレキサンドライトレーザー
  • Qスイッチルビーレーザー
  • 内服薬(ビタミンC、E、L-システイン)

当院のシミ取り・肝斑治療のご紹介

施術の流れ

シミ取り・肝斑治療料金のご案内

おすすめプラン1 シミ取り放題プラン
おすすめプラン2 肝斑・美肌プラン

シミ・ソバカス・ADM [長径1cm未満]

  1ヶ所 4~6ヶ所 7ヶ所~
ピコレーザー・
スポット
12,000円 48,000円 1ヶ所追加につき
1回 +6,000 円
Qスイッチ
ルビーレーザー・
スポット
10,000円 40,000円 1ヶ所追加につき
1回 +5,000 円

(税抜)

肝斑・くすみ・PIH・毛穴・張り

  初回お試し 1回毎 1クール(5回)
有効期限6ヶ月
ピコトーニング 16,000円 20,000円 80,000円
ピコトーニング

TAイオン導入
20,000円 28,000円 110,000円

(税抜)

※PIH:炎症後色素沈着
※TA:トラネキサム酸
※ADM:後天性真皮メラノサイトーシス

ホクロ治療のQ&A

Q

何回の治療で効果が出ますか?

A. レーザーは、シミ・肝斑の治療において最も有効な方法ですが、シミの種類により治療回数、治療期間は異なります。
また、シミの濃さ、大きさ、部位などによっても異なります。個人差もあります。
老人性色素斑(日光性色素斑、日光黒子)やソバカス(雀卵斑)は、通常1~2回のレーザー治療でほぼ取れます。
肝斑や炎症後色素沈着(PIH)はレーザートーニング治療を短期間(1~2週間毎)に5~10回連続治療を行います。
後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)はアザに分類されるもので、1~2か月毎に5~10回のレーザー照射を必要とし、約1年はかかります。
したがって、一回で改善できるものや複数回レーザー照射を必要とする場合もあります。レーザー治療中心に内服や外用も含め、症状に応じて最も有効な治療方法を調整することが重要です。

Q

治療は痛いですか?

A. レーザーの種類によって痛みの程度は異なりますが、例えて言うならば 「輪ゴムでパチンと弾くような痛み」です。
また、痛みを軽減するためにレーザーによっては冷却装置が付いていたり、麻酔クリームを使用しますのでご心配は無用です。

Q

治療するにあたり、治療のダウンタイム(日常生活に復帰するまでの期間)や日常生活で注意することはありますか?

A. 日常生活に大きな制限はありませんが、レーザー治療中、治療後はお肌がデリケートになりますので、施術前日もしくは当日の顔剃りはおやめください。施術後は、いつも以上に紫外線対策と保湿は心がけて下さい。

Q

お化粧をしても大丈夫ですか?

A. レーザーの種類によって、当日よりお化粧ができる場合と3日~3週間ぐら いできない場合があります。また、お化粧だけでなく洗顔方法の注意点もありますので医師の指示にしたがって下さい。
専用のコンシーラーもありますので、ダウンタイムはかなり軽減されました。

Q

敏感肌でも大丈夫ですか?

A. お肌の状態によっては敏感肌の治療が優先される場合がありますが、アトピー性皮膚炎皮膚や敏感肌の方の治療も可能です。
診察時に医師がお肌の状態を確認させて頂きます。場合によっては、お肌の状態が落ち着いてから治療して行うこともできます。
施術後は、しっかり保湿と紫外線対策をお願いします。

Q

他院のシミ取り・肝斑治療と違うことは何ですか?

A. 当院では、最新の肌解析機によるコンピューター診断と専門医が診察を行い治療計画を立てます。
シミの状態を的確に診断してレーザー治療を中心に内服や外用も含め、症状に応じた総合的な治療を提案致します。
最新の4機種のレーザー「ピコレーザー、Qスイッチ・ルビーレーザー、Qスイッチ・ヤグレーザー、アレキサンドライトレーザー」を駆使して効果的な治療を行います。
スタッフ

院長・クリニック紹介

佐原 慶一郎
佐原 慶一郎
さはら けいいちろう

形成外科・美容外科専門医

資格(学位・専門医)

  • 医学博士
    日本熱傷学会専門医
    日本創傷外科学会専門医
    日本美容外科学会正会員
    日本美容皮膚科学会会員
    日本抗加齢医学会会員
    播磨褥瘡創傷研究会世話人

  • 日本形成外科学会専門医
    皮膚腫瘍外科指導専門医
    美容レーザー適正認定医
    日本美容医療協会会員
    日本再生医療学会会員
    日本レーザー医学会会員

米国テキサス大学Post Doctoral Fellowship(1991~1992年)
豪州メルボルン大学形成外科客員教授招聘(1993年)

院長経歴

1987年 川崎医科大学 大学院卒、同大学形成外科学教室入局
1988年 川崎医科大学皮膚科研修
1990年 川崎医科大学付属川崎病院形成外科
1991年 テキサス大学形成外科、
シュライナー熱傷病院(SBI)(創傷治癒研究室)
1993年 豪州メルボルン大学形成外科客員教授招聘
1993年 川崎医科大学形成外科学教室
1996年 香川労災病院形成外科
1997-2014年4月 医療法人社団みどりの会酒井病院形成外科・部長(兼務)
2005-2014年4月 医療法人有光会サトウ病院形成外科・美容外科顧問(兼務)
2007年 姫路さくらクリニック。開業